MENU

更年期で便秘になる原因

 

更年期障害とは

 

更年期障害

中年以降になると、よく聞く言葉として更年期障害があります。

 

これは一般的には女性の更年期障害をさすことが多いのですが、体内で分泌される女性ホルモンが安定しにくくなることに原因があります。

 

以前は40代以降の人に出ていたとされる症状ですが、最近では20代から30代でもなる人がいることがわかっています。

 

主な症状として精神面や身体面にひとつではない様々な体調不良が現れてきます。この体調不良の原因は女性ホルモンがじょじょに低下していくためです。女性ホルモンの中にはエストロゲンという成分が入っています。

 

この成分は女性として大切な髪や肌や女性らしい体つき、月経や出産から閉経まで重要な関わりのある成分です。これが低下することにより、女性の体は不調を訴えるようになります。この症状はこれらにのみとどまらず、便秘などの症状としても現れます。

 

便秘は更年期障害後期によく見られる症状

 

更年期障害には初期症状と後期症状があり、初期のころは精神的に不安定になったり、体調的に不安定になり、ひどい人は寝込んでしまうような状態になることさえあります。

 

便秘は初期ではなく後期によく見られる症状であり、他に下痢や肩こり、腰痛や尿漏れ、骨粗鬆症などの重い症状が出る人もいます。しかしこれらは個人差があり、絶対に全部の症状が出るわけではありません。

 

男性にもある更年期障害

 

男性にもある更年期障害

また女性に対しての印象が強い更年期ですが、なにも女性特有のものというわけでもありません。

 

女性ホルモンの低下が原因と言われているように、男性の場合では、男性ホルモンの低下により更年期の症状が出ます。

 

さらに男性の場合はEDなどの代表的ともいわれる症状のほか、女性と同じように精神面や身体面での不調があります。

 

しかし女性に比べると世間の認知度はかなり低く、多くの男性が患っているにも関わらず、単なる体調不良や精神的な問題のひとつとしてとらえられており、適切な処置をしないまま悪化していくということがあります。

 

仕事を多くこなす中年期の年代では、多くのストレスを抱えている現代の男性が集中力の低下に陥ってしまっても、休まず頑張りすぎてしまい、不眠症や無気力な状態を放置して、うつ症状のような状態になってしまうことも珍しくありません。また便秘などの更年期の後期症状は女性や男性関係なくでてしまうこともあります。

 

便秘の原因

 

便秘の原因

そもそも便秘の原因として、加齢による腸を健康にして働きを助けている腸内細菌の善玉菌の数が全体的に減ってしまうことにも更年期用の便秘の原因とされています。

 

近頃、腸内フローラという言葉をよく見かけるようになりました。これはなにかというと、腸内に数多く生息している腸内菌がびっしりと張り付いた、腸粘膜の様子を言う時の呼び名です。

 

広く知られているように、人の腸内には1000種類にも及ぶとも言われている細菌類が棲みついています。その数は多い人では1000兆個にもなると考えられており、重さにすると2sにもなる人もいます。

 

腸は第二の脳と表すこともあるように、人体にとってとても重要な器官でもあります。善玉菌と悪玉菌が生息していることはテレビでも特集されていて多くの人の知るところですが、このような腸内環境により健康かそうでないかの他、肥満や寿命の問題にまで影響するということがわかっています。

 

便秘を改善させるには

 

生活習慣の見直し

 

この症状を緩和させ良い方向に導くには、重要な器官の一つである腸内のバランスを整えることが大切です。そのためにはまず、生活習慣からの見直しを検討せざるを得ません。早寝早起きなどの基本的なことから現代人は外れてしまう人が多いので、まずはそこから対処していきましょう。

 

食事の見直し

 

食事の見直し

また腸内のバランスを戻すために食べるものにも気をつかわなくてはいけません。善玉菌は優良なビフィズス菌などのことを指すため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べることを強くお勧めします。

 

これらの食品は今ではスーパーやコンビニでいつでも購入できますので、積極的に取り入れることによって善玉菌が増えてくるようになります。

 

食事の面で難しかったり時間が取れなかったりする場合は、サプリメントという手段もあります。手軽に栄養が摂れるサプリは種類も多いので、手に入れるようは容易にできます。

 

心と体の休息

 

心と体の休息

仕事をしている人でもこれだけならば簡単に思えますが、ストレスがかかってしまうと悪玉菌が増えてしまうので、定期的に体や心の休息をとることも重要です。

 

ストレスを感じてしまうと、人間の体は数多くの不調がでてしまいます。不調がでることにより、うまくいかなかったりするとさらにストレスがかかり、負のスパイラルに陥ってしまうことになります。

 

ときには休息をとり、自身の体を労わることで集中力低下や無気力などの状態から抜け出すことが可能ですので、年代にかかわらず疲労がたまっていると感じればすぐに休養できるよう、周囲の人と良好な関係を築くように心がけましょう。更年期の症状を緩和させて、便秘を治すことは、よりよい生活をすることにつながっています。