MENU

便秘はなぜなるの?

 

お通じの問題

お通じの問題は女性のトラブルになりやすく、男性でもこのようなことについて悩んでいる人は多いです。

 

便秘の症状は気づいた時には発生しているため、どのようにして起こるのか本人には分かりづらいケースが存在します。

 

この症状はある一定の期間お通じがない状態が続くと、腸の中で塊ができてしまい上手く排出されなくなって起こることがあります。そういう問題に対しては定期的にトイレに行って、体の中に溜めないようにして改善をすることが可能です。

 

このような事は本人の自覚によってある程度改善が可能ですが、そういう意識によって変えられない根本的な問題も存在します。

 

腸内フローラ

 

それは腸内フローラと呼ばれる問題で、この言葉は腸内にあるいろいろな細菌のことを指し示しています。
人間の腸の中には非常に多くの細菌が暮らしていて、それが互いに影響を与えつつ食物の消化などを行っています。

 

そのような沢山いる細菌の状態はまるでお花畑のような、たくさんの生物がいる状態なのでフローラ(お花畑)と呼ばれています。そしてこの腸内フローラがどうなっているかによって便利のなりやすさが変わり、状態が悪化すると症状が起こりやすくなります。人間の腸の中には良い細菌悪い細菌が存在していて、中立で特にどちらでもないタイプの細菌も数多くいます。

 

悪い細菌が増えてくると

 

細菌

この細菌には一つ一つ色々な働きがあるのですけど、悪い細菌が増えてくると便が出づらくなります。

 

腸の中にある悪い細菌は腸内部の活動を停滞させ、栄養の吸収や便が外に出る動きを阻害する働きをします。

 

そのため悪い細菌が増えてしまったときは便秘の症状が起こりやすく、そういう状態が続くと改善が難しくなります。

 

良い細菌が多いと

 

逆に良い細菌が多い状態だと腸の内部が活発に活動するため、お通じが良くなり特に無理をしなくても症状をよくできます。

 

良い細菌を増やすことが大事

 

腸内フローラでは良い細菌を増やすことが大事ですが、それほど極端に良い細菌を多くする必要はありません。ある程度良い細菌の数が多ければ状態が改善できるので、そういう形にしておけば症状をよくすることは可能です。

 

ストレスを減らす

 

ではどうすればこのような状態にできるのかというと、ストレスを減らして日頃の生活を見直すことが大事です。腸は精神的な問題の影響を受けやすい所で、ストレスが強いと下痢などの症状が発生することがあります。そういうところですから日頃から体に負担をかけないようにして、腸内部の状態を良くしておくことが重要です。

 

乳酸菌などをとっておく

 

また乳酸菌などをとっておくと腸内部の良い細菌を増やせるので、そういう形で問題を改善しておくことも効果的です。

 

腸内細菌のバランス

 

腸内細菌のバランス

お通じが悪くなる原因は腸内部の細菌のバランスが影響を与えているので、そのようなことへの配慮をしておけば改善ができます。

腸内フローラでは良い細菌と悪い細菌が存在していますが、あまり活発に活動をしていない中立の細菌もいます。

 

このような細菌はどちらかが有利になるとそちらに協力をすることがあるため、場合によっては症状を悪化させることもあります。中立の細菌は一番数が多いものになっていて、良い細菌と悪い細菌の数倍の数が存在しています。

 

腸内部に良い細菌を増やしておくことが大事

 

そのため腸内部で悪い細菌が良い細菌よりも増えてしまうと、この中立の細菌の影響でより悪化をしてしまうケースも存在します。そういう所がありますから腸内部に良い細菌を増やしておくことは大事で、そういう対応をすれば問題が起こりづらくなります。

 

腸内部で良い細菌を増やすことができれば、数の多い中立の細菌もそれに協力をしてくれます。そうなれば非常に効果的に腸の状態を良くすることができますから、便秘になりづらくなるのでメリットがあります。腸内フローラでは良い細菌が二割悪い細菌が一割、後は中立の細菌の形にするとバランスが良くなります。

 

そのような形にするためには体に負担をかけないような生活をして、食生活についてもバランスよくすることが重要です。腸の状態が良くなれば体全体の調子も良くなりますし、日々の活動もしやすくなるので色々なメリットがあります。

 

便秘の原因

 

便秘の原因

便秘の問題はトイレを我慢するなどの、本人の意志によって起こる問題も存在します。トイレを我慢すると腸内部で塊ができたりするため、こういうことをしていると症状が悪化してしまうことが多いです。

 

ただそれだけが便秘の原因ではなく、腸内部の細菌が問題を引き起こしていることもあります。

 

腸の内部には良い細菌と悪い細菌が存在していて、その比率によって腸がどのような活動をするのかが決まります。腸が活発な働きをするときは良い細菌が多く存在し、腸の働きが悪いときは良い細菌よりも悪い細菌が増えていることが多いです。

 

このような関係について理解をしておけば便秘がなぜ起こるのか理解が可能で、お腹のトラブルを未然に防ぐことができます。お通じの問題は腸内フローラの影響を強く受けますから、日頃から良い細菌が増えるように工夫することが大事です。そうしておけばお腹の問題が起こりづらく、快適な日々を送ることが可能になります。